タグ:日本舞踊教室

春の日本舞踊教室 今年も開催します。
IMG_7297
今年で11年目になる期間限定教室です。 
日本舞踊ってどんなもの?
着物を着てみたい。
気軽に日本舞踊を体験してみたい。
美しい立ち居振る舞いの基礎を身につけたい。
理由はそれぞれですが みなさん毎回楽しくお稽古されています。
初めての方もお気軽にどうぞ。

春の日本舞踊教室2018
IMG_7408


【日 程】
3月17日(土)
     24日(土)
4月7日(土)
    14日(土)
    21日(土)
    28日(土)
5月3日(木・祝)
    12日(土) 13:00 リハーサル
    13日(日) 発表会 集合9時 開演11時

 【時間割】
13:00 未就学児
14:00 小学校低学年
15:00 ※予備枠
16:00 小学校高学年
17:00 上記の時間帯では都合の悪い方
18:00 中学生以上
※お申込みの人数により予備枠のクラスを設定する場合があります。

【指導】
五條美佳園(ごじょうみよその)先生

【参加対象】
概ね3歳以上の男女

【参加費】
6回のお稽古、リハーサル、発表会出演費込みで10,000円
 
【準備するもの】 
着物または浴衣 帯 足袋
発表会で貸衣装をご希望の方は、貸衣裳代(3,500円)が必要です。

【五條美佳園 プロフィール】
 日本舞踊五條流師範。
 平成26年度 名古屋市民芸術祭特別賞《奨励賞》を受賞。
 幼少の頃より、五條珠園・五條園美に師事し、南山大学短期大学部にて「舞踊と文化」の講師を務める師匠・五條園美の助手として、長年に渡り指導に携わる。また、名古屋市内、北名古屋市等にて後進の指導にあたる。特に子どもたちの指導に定評がある。

【お申込み】
3月11日(日)までにお電話 またはメールにてご予約ください。
参加費は初日(3月17日)に集めさせていただきます。

昨年の発表会の様子はこちらから→http://heidenji.blog.jp/archives/1066081448.html

【連絡先】
 tel:0568-48-6806(平田寺)
mail:yumikoon@gmail.com(長谷川)

**********

#平田寺 #北名古屋市 #名古屋 #和のお稽古 #日本舞踊 #日本舞踊五條流 #日本舞踊教室

**********

【平田寺】HEIDEN-ji Temple
〒481-0041 
北名古屋市九之坪宮前6番地1
tel 0568-48-6806
fax   0568-48-5920 

**********  

blog「平田寺 てらてら通信」 

facebook「平田寺」

instagram「平田寺」

twitter「平田寺」
https://twitter.com/heidenji

facebook「平田寺 こども食堂
facebook「つながるかもすプロジェクト」

coubic「平田寺」←こちらは予約専用


春の日本舞踊教室 今年も開催します。
今年は10回目の節目の年ということで ちょっとした企画も計画中です。
そちらも どうぞお楽しみに。
13227475_1035352003206519_2867283085136468063_o

 
【日 程】

   ① 3月30日(木)
② 4月1日(土)
③ 4月8日(土)
④ 4月15日(土)
⑤ 4月22日(土)
⑥ 4月29日(土)
⑦ 5月6日(土)
⑧ 5月13日(土)リハーサル
⑨ 5月14日(日)発表会 開演11:00
※ 5月15日(月)お掃除10:00~11:30
 

【時間割】

13:1513:45  未就学児

14:0014:45 小学校低学年A

15:0015:45 小学校低学年B

16:0016:45 小学校高学年

17:0017:45 中学生以上

330()については18:00より未就学児のお稽古を行います。

【指導】 

五條流師範 五條美佳園先生

 

【参加費】

7回のお稽古 リハーサル 発表会出演費込みで10,000

 

【準備するもの】 

着物または浴衣 帯 足袋

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

 

≪五條美佳園(ごじょうみよその)プロフィール≫

名古屋市民芸術祭2014 伝統芸能部門特別賞(奨励賞)受賞

椙山学園大学ゲスト講師 北小文化劇場伝統芸能共育コーディネーター

≪五條流とは≫

◆昭和16年初代五條珠實により創立された日本舞踊流派。

◆五條流流祖・初代五條珠実師は歌舞伎名優・六代目尾上菊五郎の初めての女弟子で、尾上師の薦めにより日本舞踊・二世花柳寿輔の下にて修業、昭和16年に独立し流派創立した。

◆五條珠実師は大正初期より始まった新舞踊運動の代表的舞踊家であり、戦後すぐに訪欧使節団を組織し日本文化の紹介につとめるなど生涯を通じて、その活動は日本舞踊史に輝かしい功績を残した。現在は東京在住の家元三代目五條珠實を中心とし、北海道から九州に至るまで全国的に活動中。

 

*****************************

 

小道具制作のご協力について

お子様のお稽古の時間にお神輿の製作を予定しています。改めてご案内しますがご都合のつく方はご協力をお願いします。

発表会・リハーサルについて

513() リハーサル 13:0017:00 

お稽古の進み具合 学年などによって集合時間を調整することになります。

514() 発表会 9:00集合 11:00開演

 

■着付け・髪の毛のセットについて

髪の毛のセットは 基本的に各自でしていただきます。お母さまがセットされる方 お友だちにお願いされる方 美容院でセットされる方など様々です。髪の毛の長い人は アップにしたほうがきものに合うでしょう。髪飾りやリボンなどで飾ってください。

着付けについては お手伝いの方がいらっしゃいますが お知り合いやご親族でお手伝いをしてくださる方があればご協力をお願いいたします。帯は作り帯でも構いません。結ぶ場合は文庫が良いでしょう。

■発表会当日の持ちもの

きもの一式

化粧落とし

水分補給用の飲み物(お化粧をするのでストローがあると便利です) 

必要な方は軽食

※飲食は飲食コーナー(庫裡台所)にてお願いします。

■発表会当日 カメラやビデオの撮影をしてくださる方がいらっしゃればご紹介ください。

 

貸衣裳を借りられる方へ

きもの+襦袢+帯 セットで3500

帯のみ500円  きもののみ3000

 

各自ご準備いただくもの

    肌着類

衿の開いたシャツ+薄手のペチコート または きものの肌襦袢+裾除け(おこし)

    足袋

    帯揚げ 帯締め 帯下 装うための小物類 

※お母さまのものなどで結構ですが 準備が難しい場合はご相談ください。

④ 腰ひも5

    補正用のタオル

電話などでのご予、約第後1回目のお稽古日(330)に受講料と共に申し込みをお願いします。

貸衣裳を利用される場合は、422日までに代金を添えてお申し込みください。
429()に衣裳合わせを行いますので小さなお子さんは保護者さまの付き添いをお願いします。


13227475_1035352003206519_2867283085136468063_o
お掃除について

515()10:0011:30に本堂や観音堂など使用したお部屋の掃除をします。

ご都合のつく方はご協力をお願いします。

 

*****************************

 

「春の日本舞踊教室」についてのお問い合わせは平田寺まで

北名古屋市九之坪宮前6-1

   tel 0568-48-6806

   e-mail  yumikoon@gmail.com  

 

日本舞踊こども教室は 今年で9年目になる期間限定教室です。 
日本舞踊ってどんなもの?
着物を着てみたい。
気軽に日本舞踊を体験してみたい。
美しい立ち居振る舞いの基礎を身につけたい。
理由はそれぞれですが 参加者のみなさん毎回楽しくお稽古に取り組まれています。
初めての方もお気軽にどうぞ。
11054288_824858317589223_937761527424693525_o
第9回「春の日本舞踊教室」
 【日 程】
3月19日(土)説明会 14:00
3月26日(土)
4月2日(土)
4月5日(火)
4月16日(土)
4月23日(土)
4月30日(土)
5月7日(土) リハーサル 
5月8日(日) 発表会

 【時間割】
 14:00~14:30 未就学児
 14:45~15:30 小学1・2・3年生A
 15:30~16:15 小学1・2・3年生B
 16:30~17:15 小学4・5・6年生A
 17:15~18:00 小学4・5・6年生B
 18:15~ 中学生以上

※4月5日(火)は、未就学児と中学生以上のクラスの時間が変更になります。
18:15~18:45 未就学児
18:45 中学生以上
【参加費】
6回のお稽古 リハーサル 発表会出演費込みで9000円
 
【準備するもの】 
着物または浴衣 帯 足袋
発表会で貸衣装をご希望の方は、貸衣裳代(3,500円)が必要です。
【お申込み】
3月18日までにお電話 または予約フォームからお申込みください。

【連絡先】
 Tel 0568-48-6806


今日は五條流珠園会の 舞初勉強会に平田寺教室として参加させていただきました。
そちらの様子はfacebookページ「平田寺」でご覧ください。

↑このページのトップヘ