タグ:味噌

お寺を拠点に活動している「つながるかもすプロジェクト」
では今年も無事にお味噌仕込みを終えました。
IMG_1320
IMG_1322
IMG_1323
IMG_1324
今年は米味噌と豆味噌の2種類。
愛知県を中心に作られてきた「豆味噌」は、豆と塩だけで出来ている長期熟成味噌です。
全国的には珍しいようですね。
情報も人もモノも自由に行き来する今の時代 
それぞれに行き来し交じり合ってますます豊かな関係性を結ぶことができるといいなとおもいます。
IMG_1325

ご協力くださったみなさま ありがとうござます。
手作り梅干しとお味噌を手土産に今夏は東北を巡ります。
ご一緒してくださる方があればご一報くださいね。

「つながるかもすプロジェクト」では 自然界に生きる菌の「醸す」ちからを借りた発酵食品や昔ながらの保存食を手作りし暮らしに役立てることによって
今と未来をつなぎそれぞれの土地に生きる人のちからを醸すことを目的に活動しています。
活動内容についてはfacebook「つながるかもすプロジェクト」でもご覧になれます。
一緒に活動してくださるお仲間も募集中です。
https://www.facebook.com/tsunakamo/

お問い合わせは平田寺まで
【平田寺】HEIDEN-ji Temple
〒481-0041 
北名古屋市九之坪宮前6番地1
tel 0568-48-6806
fax   0568-48-5920 
e-mail yumikoon@gmail.com

**********  

blog「平田寺 てらてら通信」 

facebook「平田寺」

instagram「平田寺」

twitter「平田寺」
https://twitter.com/heidenji

facebook「平田寺 こども食堂
facebook「つながるかもすプロジェクト」

coubic「平田寺」←こちらは予約専用




福島入り3日目の11月16日
心と体と地球のための自然食レストラン「銀河のほとり」を出発する前に 
愛知県春日井市のお母さんたちが中心になって小さなひとも一緒に心を込めて仕込まれたお味噌をお渡ししてきました。もちろん梅干しと味噌の中に込められたみなさんの思いとともに。
12191650_1683896518548596_5175194512769011856_n

12235046_988450621218689_7950991628972267329_n12243148_1683896015215313_3878546939147377300_n
朝ごはんと克子さんが入れてくださったコーヒーをいただいて光の中を出発です。
12273116_1683486398589608_788754909_n

白河城を眺めながら車を走らせ 
日本最古の公園南湖公園に立ち寄って名物のそばまんじゅうをいただき 
12227177_988446501219101_3614541784844459309_n
12278825_988446571219094_1692633433438821990_n


11218068_988446814552403_6906182572487823717_n
白河市の仮設住宅(浪江地区)へ向かいました。

昨年に比べお住いの方も少なくなり 来年にはみなさん他所へ移動される計画があるのだとか。

ご当地グルメ浪江焼きそばの話とともに 日々変化する放射線量の話になり 
今でも決して終わってはいない現実を垣間見る時間ともなりました。

次に向かった同じく白河市の仮設住宅(双葉地区)の集会所では 
円座になって手を握り合ってあれこれお話し。
昨年の訪問を覚えていてくださった方々とも話がはずみます。
こちらにも お味噌と梅干し 手作りの雑巾 自宅の庭でとれた柿などを手渡してきました。
12227020_988447204552364_9192923529371921890_n

ちょうど前日が一時帰宅の日だったということもあり

今もそのまま残されている双葉町のご自宅の話になり

イノシシやネズミなどの野生動物に侵入されて
荒らされている屋内の様子を笑いながらあっけらかんとお話ししてくださる姿に 
どうお声をかけてよいのか言葉に詰まってしまいました。

そして 避難の際に自宅に置き去りにしてきた猫のはなし。
どんな気持ちでペットたちと別れたのか そして再会を果たしたのか。

様々な別れを経験されている方がある中 その方今 仮設住宅の一角で猫も一緒に暮らされています。
12107723_1684167278521520_4638952093318371023_n
どれだけ苦しく悔しい思いをしてこられたでしょうに 穏やかに淡々とそれらを語られるのです。 


それでも「誰も口にはしないけど 今も出続けてるんだ」
もしあれに赤い色がついてたら絶対に誰もいかない」

ぽろっとこぼれる言葉と 帰る場所であるふるさとに帰ることができない葛藤をおもうと胸が締め付けられます。


伺ったのが日曜日で在宅の方が少なかったため 
後日今回の福島行きのお世話をしてくださった白河市の絹子さんが 
再度訪問して梅干を味噌を手渡してくださり 
さっそくお味噌汁を作ったよと写真をお送りくださいました。
12231254_1685168285028823_1900716074_n
12272879_1685417511670567_1914504348_n

すべての人は 自然との関わりや人とのつながりの中で生かされている

人は 決しては弱い存在ではないけれど 
自分の中に大きな矛盾を抱えながら生きていくことは楽なことではないとおもうのです。
だからこそ誰かのちょっとした支えや笑顔が必要なのではないかと。

ずっと忘れないこと。私たちにできることはそのくらいの些細なこと。
それでも こんなちょっとしたつながりを これからも静かに紡いでいければいいなとおもいます。


福島キャラバンご報告⑤
創業300年 2011年に日本で初めて自然米100%使用の酒蔵となられた郡山市の仁井田本家さんへの訪問については→こちら

つながるかもすプロジェクトfacebookページは→こちら

↑このページのトップヘ