カテゴリ:お寺の年間行事 > 大般若祈祷法要

組寺の方丈様方をお迎えしての大般若祈祷法要が終了しました。

「大般若祈祷法要」とは、『摩訶般若波羅蜜多経(通称:大般若経)』の経文を読むその功徳をもって、

世界の平和や参詣の方々の平安などをご祈祷する法要のことです。 

IMG_2544

般若般若羅密多経 巻 ノウボ バギャバテイ ハラジャハラミタエイ タニャタ シツエイ シツエイ シツエイ シツエイレイサイ ソワカ

伏一切大魔最勝成就」の声と共に、600巻の大般若経を、転読する様子はそれは見事です。

この時にザーッと巻き起こる風は「般若の風」と呼ばれ

この風に吹かれると、息災に暮らせるとも云われています。

IMG_2542
IMG_2538
IMG_2516
ご随喜くださったご寺院のみなさま ご参詣くださいました檀信徒のみなさま ありがとうございました。

今週末1月15日(日)は初観音大祭です。
年の初めに祈願成就のお参りをされてはいかがでしょう。
【初観音大祭】
2016年1月17日(日)
ご祈祷 10:00/13:00
祈祷料 3,000円

お問い合わせは平田寺まで
tel 0568-48-6806
e-mail yumiokoon@gmail.com


大般若祈祷法要が 今年も無事終わりました。
DSCN9663
DSCN9688
DSCN9691
DSCN9686

ご随喜くださったご寺院のみなさま ご参詣くださいました檀信徒のみなさま ありがとうございました。
来週1月17日(日)は初観音大祭です。
今年はお餅つきも復活します。
初観音は 平田寺にお祀りしている西国三十三観音ご縁をと結ぶための法要です。
年の初めに祈願成就のお参りをさ
れてはいかがでしょう。

【初観音大祭】
2016年1月17日(日)
ご祈祷 10:00/13:00
祈祷料 3,000円

昨年10月の黒池龍神大祭の際に 
造形絵本作家かつらこ
さんに描いていただいたのぼりを掲揚初披露‼
10時と13時のご祈祷の間の餅つきでは
薪で湯を沸かし、蒸篭で蒸したもち米を石臼と杵でつきあ
げます。
どうぞ お楽しみに。お揃いでお参りください。
お誘いあわせの上ご来山 お待ちしています。

お問い合わせ
0568-48-6806(平田寺)


寺ヨガの最終レッスンが終わりました。

短い間でしたが とても大切なことを教えていただきました。

yogamukthiさんこの春からインドで新しい暮らしをはじめられるそうです。

ますますのご活躍をお祈り申し上げます。

平田寺でのヨガ教室はしばらくお休みさせていただきます。

DSCN9490.JPG

レッスン後にyogamukthiさんのレッスンに通われていたみなさんとランチをご一緒させていただきました。

本山の薬草labo.棘さんもとてもすてきなところでした。

心ある人から生まれるものは全てがうつくしいですね。

10603511_893157917395074_2921269618663409268_n.jpg

ありがとうございました。





「ひよこカフェ」は、小学6年生が企画・運営する一日限定カフェです。

販売計画を立て、材料の仕入れや調理、当日の運営などを小学生が中心になって進めてきました。

カフェをすると決めたのが2月。

それから何度も集まって、時には合宿もして 

ケーキやクッキー作りの練習をしたり、看板やメニュを作ったりしてきました。

シフォンケーキの作り方を教えていただいたり、

コーヒーの淹れ方を 教えていただいたり、

当日着用したエプロンは、布を茜で染めて、自分たちで手作りしました。

このひと月あまりの間に 何人もの方にお世話になりました。

DSCN9896.JPG

DSCN9906.JPG

DSCN9916.JPG

DSCN9937.JPG

DSCN9930.JPG

オープン当日には、

ご家族をはじめ お友だちや学校の先生 地域の方々やブログなどをご覧になった方など

たくさんの方が、お客さまとしてご協力くださいました。

当日は朝早くに集合して準備をしていましたが、実はお昼ごはんの時間もとれないほどの忙しさでした。

長い時間お待たせしてしまったり、他にもいろいろと気になる点があったことと思います。

そんな彼女たちに対し「何もかも経験だね」と あたたかい言葉をかけてくださったり、

見えない部分でそっと手を貸して下さったりした方々がなければ 

無事に終えるこはできなかったでしょう。

様々なかたちで支えてくださったみなさまに心より感謝申し上げます。



当日までの様子は、こちらをご覧ください→「ひよこカフェ」



1月20日(日)は、初観音大祭です。

平田寺でお祀りしている西国三十三観音は、
江戸時代に、江戸で大火が続いた折、この地域の方々が、
日々の暮らしの無事を祈り、様々な願いを込めてご寄進くださったものです。

昭和時代に補修をした際にも、多くの方々のご喜捨をいただたいます。
長い間、この地を守ってくださっている大切な観音さまです。

三十三体の観音さまは、それぞれ違うお顔・違う表情をされています。
普段は観音堂にお祀りしていますが、
大祭当日は、三十三観音様を本堂の須弥壇の周囲にお移しし、
間近でご参詣いただけるようにお祀りします。
年の初めに、祈願成就のお参りされてはいかがでしょう。


今年も浄道場の儀式に撒く「散華・さんげ」を
日本画家・今井佳寿女先生が主宰される「蓮華の会」の皆さんにご奉納いただきました。

740572_404161316325594_660467954_o.jpg

一枚一枚、心を込めて描かれた手描きの散華は、
10時と13時の大祭での浄道場の儀式の際に撒かれます。
ちょっとしたお福撒きも予定していますので、是非みなさまでお参り下さい。


午前と午後のご祈祷の間には、地域の方々のご協力で恒例の餅つきをします。
薪で湯を沸かし、蒸篭で蒸したもち米を石臼と杵でつきあげます。
こちらも、お楽しみに。


また、堂内のお浄めをする役(散華・さんげ)をしてくださる
小学生以上の女性(年齢問わず)を募集しています。
着物をお召にならなくても構いません。
散華のお役を経験すると様々なご縁に巡りあえるそうですよ。

特別祈祷(ご祈祷料3000円)は、事前受け付けもしておりますので、
詳しくは、お問い合わせくださいませ。



お問い合わせは平田寺まで

tel 0568-48-6806

e-mail yumikoon@gmail.com



↑このページのトップヘ