2012年11月

先週末の連休は、親戚の結婚式があり仙台に出かけていたのですが、
何と結婚式の会場で同じ時間に偶然会議をしていた友人に20年ぶりに再会!!
これも何かのご縁かと、その友人の案内で岩沼から名取までの沿岸部を巡りました。

岩沼市内を抜けて、仙台空港方面へ。
総面積の半分が津波で浸水したという岩沼市内では仮設住宅が、まち並みの一部となっていました。
震災後1年8か月以上たった今も、そこで日々の暮らしを営んでいる人たちが大勢いる。
宮城県内の仮設住宅には、まだ8万人もの方々が生活していらっしゃるとか。
県内では最初に地域ごとの集団移転先が決まったという岩沼市でも
様々な理由から、実際に移転を決めたのは、半分ほどの世帯にとどまっているそうです。

こちらは震災前には、イグネと言われる屋敷林が点在していた場所。

イグネとは、田んぼに囲まれた農家の背後にあるこんもりとした樹林のこと。

風や砂、潮や火などを防ぐ役割、燃料や肥料を供給するは背戸山の役割などを持ち、
農家の人たちにはなくてはならない屋敷林です。

そのイグネ、今は跡形もなく、吸い込まれそうな広い土地が静かに広がっていました。

こちらは、ずっと気になっていた
岩沼市の取り組み「
千年希望の丘」つくりに向けて、
今年の5月に植樹された苗木たちの丘。

「千年希望の丘」とは、震災により発生したがれき(再生資材)を活用して何重もの丘を構築し、
そこに照葉樹を主とする樹木を植樹することにより、
丘の高さと樹木によって津波が来た時のエネルギーを減じて、
住宅や工場地帯などを守る丘のこと。

この森の防波堤は、津波除けであると同時に、
その土地本来の樹木(潜在自然植生)によって構成された
豊かな生物多様性を維持する「いのちの森」でもあるのです。

またまた!!驚くことに、そのプロジェクトに関わっているという友人によると、
様々な声や問題点もあり、先の長い道のりではあるということでしたが、
植樹後半年を過ぎ、苗木は確実に生長していました。


そして、夕闇の中では、明るい時には見えないものが見えたりもするのですね。
道路自体が防潮堤の役目を果たしたという道を走ると、
左側の沿岸方面には暗闇が広がり、右側仙台市内側は光に溢れていました。
沿岸方面に点々と見える明かりのほとんどは、瓦礫処理場だそうで、
処理場の煙突からは暗闇に煙が立ち上っていました。
今回の震災で出た30年分とも言われるガレキは、
毎日毎日、こうして瓦礫処理場で焼却されているのですね。
最終的にすべて処理するまでには、まだ何年もかかるのだそうです。



その反対側、少し先の仙台市街地方面を眺めれば、
ライトアップされたテレビ塔が4基。



街中の通りには、イルミネーションが輝いていました。

20121122_183004.jpg


一緒に沿岸部を巡った友人のご実家は農家。
家屋は津波で流されたそうです。
私が食べてきた中で一番美味しいと思ったお米を作っていた田んぼも全て浸水し、
昨年は収穫なし。今年の収穫は一昨年までのわずか25パーセント。
それでも、そのあたりでは、とてもとても恵まれているのだそう。
外から眺めていることと、内側からの声を聴くことは、全く違うもの。
一見元気を取り戻しているような人たちが暮らす地域でも
遅々として進まない部分がいかに多いことか。

さらに、復興が進む中で、重たい影をおとす原発の問題。
その土地でしか暮らしていけない人たちが大勢いて、
様々な問題を抱えながらも、そこで踏ん張っている。

これから先をどうしていくのか、と同時に、今をどうするのか、
今も、これから先の長い道のりもずっと重たいものを抱えながら進む
気の遠くなるような復興だということを忘れてはならないのだと改めておもうのです。

***********************************

岩沼市で計画されている「千年希望の丘」は、
宮脇昭先生が提案されている「森の防波堤」

いのちを守る300キロの森づくりの一環でもあります。
詳しくは、こちらをご覧ください→宮脇昭「いのちを守る300キロの森づくり」

平田寺では、宮脇先生が提唱される潜在自然植生による森づくりに賛同し、
今年の3月に「ふるさとの木による千年の森づくり」植樹会を実施しました。
その時の様子は、ブログ「てらてら」をご覧ください→「ふるさとの木による千年の森づくり」






今年も残すところひと月半となりました。

1年を締めくくる大切な行事と言えば「除夜の鐘」

今年も、大晦日に除夜の鐘を撞き、境内に手作りのキャンドルを灯します。

それに向けて、キャンドルホルダーに使うジャムや佃煮などの空き瓶を集めます。

ラベルなどを剥がし、きれいに洗った状態で、蓋をせずにお寺までお持ちください。




また、12月9日(日)の恩田の集い・午後のワークショップでは、

キャンドルシェード作りをします。

当日、制作のお手伝いをしてくださる方、

キャンドルシェードについてアイディアをお持ちの方、

いらっしゃいましたら、ご協力をお願いいたします。



大晦日に、あかりを灯すという試みは2009年に始まりました。

大雪が降った1年目の様子

2年目の様子

3年目の様子


今年は、どんな思いで、どんな大晦日を迎えるのでしょう。

除夜の鐘は、12月31日 午後11:45から撞き始めます。

「除夜の鐘」については、改めてご案内させていただきます。



今日は、毎月第1・3水曜日に開催している「大人のための英会話教室」の日でした。

みなさん、とても熱心に楽しく英会話のレッスンを受けていらっしゃいます。

いつも後ろ姿の写真ばかりなので、

DSCN9091.JPG

今日は、振り返っていただきました。

みなさん、いい笑顔です!!

DSCN9096.JPG

今後の予定・・・

2012年
12月6日(木) 12月20日(木) 10:30~11:30


*来年から、毎月第2・4木曜日の13:30~14:30 変更になります。

21013年
1月10日(木) 1月24日(木) 13:30~14:30

2月14日(木) 2月28日(木) 13:30~14:40

3月14日(木) 3月28日(木) 13:30~14:40

詳しくは、こちらをご覧ください。

見学体験は、随時受け付けていますので、お気軽にどうぞ。

お問い合わせ・お申込みは、平田寺 まで

tel 0568-48-6806

e-mail yumikoon@gmail.com



古澤久美先生をお迎えしてのマクロビ勉強会、今月も終了しました。

ご自身の経験から、小さなお子さんをお持ちのママに知ってもらいたいこと

丁寧に分かりやすく教えてくださいます。

古澤先生がおっしゃるのは、

「私たちの身体は、食べたものでできている」だから、

何を口にするかはとても大切、ということ。 

テキストとして使っているのは、

『マクロビオティックの子どもごはん~じょうぶな体をつくる簡単レシピ~』

DSCN9014.JPG

先生のお話を聞いたり、一緒に料理をしてみたり

終始笑い声が絶えない和やかな教室です。 

DSCN9020.JPG

DSCN9039.JPG


DSCN9048.JPG

この日のメニューは、

甘栗ごはん

あわの味噌スープ

焼き厚揚げきのこあんかけ

りんごの葛練り

 

古澤久美先生のブログはこちら「しあわせの一皿をどうぞ」 

 

おまけ みんなでどんぐり拾い♪
DSCN9029.JPG

来月の「小さな人と暮らすママのためのマクロビ勉強会」は、

12月11日(火)10:00から開催します。

定員制ですので、参加を希望される方はお早目にお申し込みください。

お問い合わせ・お申し込みは 平田寺まで

tel 0868-48-6806

e-mail yumikoon@gmail.com




今月の恩田の集いも、無事終了しました。

9時の鐘に始まり、マルシェ、太極拳、午後は「カプラで遊ぼう!!」

様々な世代の方が足を運んで下さいました。

 

9時半からの「黒池龍神例祭」には、毎回遠方からお参りにいらっしゃる方があります。

ご祈祷後のお話は「16年後の大遠忌(だいおんき)と健康について」 

DSCN8851.JPG

引き続きの太極拳は、身体の中からポカポカと熱が出てくるようで、

これからの季節、特にお勧めです。

DSCN8875.JPG

マルシェには、里芋・さつまいも・ねぎ・大根など、地元で採れた季節お野菜のほかに

手作りの焼き菓子や小物類が並びました。

DSCN8861.JPG

観音堂は、マルシェを覗きにいらした方々のちょっとした憩いの場に。

色々な話に花が咲きました。

DSCN8883.JPG

 

午後は、般若心経の読経とお焼香の後、ワークショップが始まります。

和尚さんからのお話の後・・・ 

DSCN8884.JPG

DSCN8893.JPG

待ちに待ったカプラの時間が始まりました。

今回は、年中さんから小学校5年生までのお子さん、親子さんがご参加くださいました。

DSCN8939.JPG


DSCN8966.JPG

思い思いの作品を作ったり、子育てについてお喋りしたり、

協力して、一つの作品を作り上げたり、


DSCN8907.JPG

あっという間の3時間でした。

DSCN8927.JPG

恩田(おんでん)の集いは、毎月第2日曜日に開催しています。

お寺になじみのない方々に、ふらっと気軽にいらしていただきたいと思っています。

太極拳やワークショップに参加されない方も、ぜひ遊びにいらしてください。

ここでの出会いから、沢山の笑顔が生まれますように。 

みなさまのご来山をお待ちしてます。

次回の恩田の集いは、12月9日(日)9:00~16:00に開催です。 

 

お問い合わせは、平田寺まで

お電話 0568-48-6806 または メール にて 

 

11月の恩田の集いの様子は、こちらのアルバムでもご覧になれます。

よろしければ、どうぞ。 

「恩田の集い 2012年11月11日」 




↑このページのトップヘ