2008年01月

夕食時に「笑えるはなし」をしていたら、次から次へでてくるこどもたちの過去。

こどもたちが生きてきた時間なんて、たかが数年。でも侮れません。

 

ムスコの話。

彼は4,5年前よ~く昆虫を食べていたそうで、

10匹の蟻がいれば、4匹はプチッと甘くて、4匹は変な味、残りの2匹はスッパイらしい。

バッタとカマキリの味は似ているそうで、口の中でイガイガするし、

お腹の部分は苦いのだそう。

ダンゴ虫はコトバにできない味だって・・・

ムスコったら話をしながら

「今は、もう食べられない~気持ちわるう~」などと言っておりましたが、

親の知らないところで、色んな経験をしているものです。

その時点で、知らなくてよかったです。ホント。




お寺で「大般若」が行なわれました。 

2008-01-14 05:06:09

大般若は「大般若波羅蜜多経」といわれる経典を何人かの数人の僧侶で転読して、

身体健全、五穀豊穣、厄災消除、家内安全、を祈願するものです。

転読とは、経本を1巻ずつ広げて流し読むことで、

それによって清らかな"般若の風"が起きるのだそう。

 

「大般若波羅蜜多経」というお経は、厳しい修行をした者しか佛になれない

という小乗仏教の教えに対し、

すべての人が佛になれるという大乗仏教の教え・お釈迦様の言葉(般若の智慧)を

まとめた600巻という膨大な量の経典だそうです。

 

「大般若って何?」の質問に夫が答えてくれました。

ちなみに日本では最もポピュラーなお経「般若心経」は、

この大般若経のエッセンスを集約したお経だそうです。

 

転読って、回転させた数だけお経を唱えたのと同じ功徳があるとされている

マニ車と何となく似ていませんか。

 




平田寺は、北名古屋市にある曹洞宗の禅寺です。
「伝える」をテーマに、出会いの場、遊びの場、学びの場として
地域の日常生活の中に息づくことを目指しています。 

 

2007-10-19 12:42:222007-10-17 02:36:452007-10-17 02:35:24

 2007-10-17 02:43:292007-10-17 02:41:372007-10-17 02:42:382008-01-05 22:26:142007-10-19 12:43:112007-10-19 12:40:38

 

●1・2月の予定

●カプラで遊ぼう会 1月23日(水)15:00~17:00

「魔法の板」とも言われるフランス生まれの木の造形ブロック「カプラ」で一緒に遊びましょう。

●豆まき(節分) 2月3日(日)16:00

お寺ならではのちょっと変わった掛け声をかけながら豆まきをします。

古いお札やお守りのお焚き上げをしますので、ご希望の方はお持ち下さい。

●恩田の集い 2月10日(日)9:00~16:00

9:30ご祈祷 *写経は10:00~12:00・14:00~16:00の間、随時受け付けています。

10:30~11:30 太極拳(中国伝統医学太極拳会)参加費500円

13:30~16:00 工作会「エリックカールになろう!」 

『はらぺこあおむし』の絵本で有名な、

エリック・カールの手法を使った切り紙工作をします。

講師には子育て支援まいまいの水野和子さんをお迎えします。

材料費100円とスティックのり・ハサミをご持参下さい。

 

●和室でのマナーと日本舞踊体験講座 

3月24日・26日・4月27日13:00~15:00の3日間の練習、

その他に2~3日の自主練習会(日程未定)、

5月11日(日)の「恩田の集い」での発表会を予定しています。

名古屋芸術大学で教鞭をとられている

日本舞踊五條流理事の五條園美先生をお迎えして、

簡単な日本舞踊の振り付け、和室でのご挨拶の仕方、

ゆかたの着方などを教えていただきます。

対象は小学生の男女ですが、保護者の方もご一緒に受講していただけます。

受講料は通しで3,000円です(発表会のときの貸衣装代が別途3,500円程度必要)




今度の日曜日の行事(大般若)の準備で、あれこれお買い物に出かけました。

茶道具のお店で器を眺めたり、

お抹茶をいただきながら窯ややきもののお話を伺ったり、

何かを買い求めるのに、何時間もかける。

購入することではなく、その過程を楽しむ、

こういう時間も大好きなのですが、

これを日常にするのは、もう少し先ですね~やはり。




甲子園出場を目指す某高校野球部の監督をしている友人が

お寺に立ち寄ってくれました。

野球大好き少年(でもサッカー部所属)の息子に早速、レクチャーを依頼。

投球フォーム、バッティングフォーム、ゴロの拾い方・・・

2008-01-10 10:47:552008-01-10 10:49:03

 

何でも最初はきちんとしたカタチを覚えるために

スローモーションで練習するのだそうです。

普段たくさんの相手に指導している人のコトバは、的確で分かりやすい。

息子は、短い時間にたくさんの刺激をもらったようです。

直々のレクチャーの後、何をしているのかと思ったら、

「あれっ?何だっけ?あ~もう忘れてる、打撃のゲキってどう書くの?」

などと言いながら、ノートにメモっていました。

2008-01-10 11:00:482008-01-10 10:59:29

これこそ、プロ野球選手を目指す、野球少年の鏡!

でも、でも、彼は、そのメモったノートの存在を忘れてしまうのです。

ここが彼のいいところだと母は思っているのですが、

メモったノート、目立つところに置いておくから、気づいてね~息子!




↑このページのトップヘ