陽だまりハウスでの1月クラスが終わりました。

このクラスで、一番感じたこと、

それは、母となった女性たちが、ひとりの大人として存在する場を求めているということ。

子育て支援は、こどものための親支援であって、

親のニーズだけを追い求めたり、

逆に女性こども扱いするような場であってならないと思うのです。

こどもとこども、こどもとおとな、おとなとおとな、

それぞれがそれぞれの健康な関係性を保っていけるような場を

微力ながらを提供していきたいとおもいます。