成人したら、あたり前に選挙権がある社会に生まれてきた私たちは、

この権利をもっと大事にしていかなければならないと思う。

一般市民、そして女性たちは選挙権を勝ち取ってきたという歴史がある。

2月4日に愛知県知事選が行なわれる。

私たちが関わる6つの選挙の中で、知事選は一番投票率が低いそうだ。

まあ、投票率が90パーセントなんていう社会も、相当危ないけれど、

投票率が30パーセント台というのは、

議会制民主主義の根幹を揺るがす状況だとおもう。

いざ、真剣に誰に投票するのかを考え始めると、

各候補者のマニフェストを比較したり、公開討論会を聴きに行ったり、

いくらやっても足りないくらい、できることがある。

こういったプロセス自体が、民主主義につながっている。

投票率は、その社会の成熟度の現れだと思う。

選挙権について、もうひとつ親の立場からおもうこと。

それは、未成年者には選挙権がないという事実。

子どもにも、大人と同じ人権がありながら、

選挙権がないということは、保護者である私たちの1票は、

とても重みのあるものであるということ。

親となった大人たちは、選挙権のない子どもたちの分まで、

重みのある1票を持っている。

というわけで「こどものために選挙に行こう!」

2月4日の愛知県知事選へ向けて、

「こどものために選挙に行こう!プロジェクト」との共催で、

バランスボールの体験会をします。

当日はバランスボールでのエクササイズの後に

各候補者の子育て・教育関係のマニフェストを比較したり、

ちょっとしたワークを予定しています。