お寺では、毎月第三火曜日に

野村小三郎先生をお迎えして

「狂言」の稽古をつけていただいています。

2011-01-19 01:09:38

「狂言」は、ユネスコが

「無形文化遺産の傑作(世界無形文化遺産)」として認定した

日本の誇るべき伝統芸能です。

600年間伝承されてきた

声と身体の動きとで人間の喜怒哀楽を表現する

笑いの要素を多分に含んだセリフ劇です。

 

触れる機会が少ないためか、

敷居が高い、とっつきにくい、と感じられる方も多いかもしれせんが

もともとは、庶民の中から生まれた芸能です。

言葉のリズムや抑揚、動きの面白さを知ると

「堅苦しい」という先入観は、なくなるかもしれません。

 

平田寺での稽古は、月に一度。

レベルに合わせて狂言や謡・舞を仕上げていきます。

性別・年齢・国籍・経験など一切不問です。

ちょっと興味がある、どんなことをするの?という方は、是非とも見学に。

お子さんにもお勧めのお稽古ですよ。